2016/06/15 14:33:15 | 野菜の育て方
ジャガイモがだいぶ成長しました。花がさいて、そろそろ収穫しても大丈夫?なぐらい育っていそうです。こんな感じだったジャガイモが
2016/01/25 14:17:25 | 野菜の育て方
家庭菜園をずぼらにやっていれば、いちいち消毒などしないので、いわゆる無農薬野菜ができるという事になります。一見するといいように感じますが、栽培しているときは農薬を使わなくても、作らない時期に除草剤をまいたり、また隣地の畑で農薬を使っていれば、雨や風で流れてくることになりますから、結局、完全な無農薬ではないと考えられます。また、消毒などをしなければ、害虫にやられたり、病気になったりで、とても、食べられるようなものができない事もおおいです。
2015/06/16 14:58:16 | 野菜の育て方
今年もスイカを2株植えました。今年植えたのは、くろがねと言って黒く大きな玉のスイカと、定番の紅大です。去年は強風で、黒玉の苗が折れてちぎれてしまったので、今年は、木の枝や竹で地面に固定しましたので大丈夫
2013/05/04 10:19:04 | 野菜の育て方
メロンも気軽に手に入るようになって、かつての高級感も薄れてきてる感じですね。そうはいっても一個"**十万円"(!!)のマスクメロンがたまにTV報道されたりして、まだまだ高級果物にはいってるのかな〜と思いますね。ま〜こういった高級果物とはいかないまでも、我が家の家庭菜園でもメロンを楽しめたら最高ですよね。栽培自体は決して難しくはありません。手間もさほどかかりませんから、是非あなたの家庭菜園でも挑戦してみてください。メロンは、スイカやトマト同様高温と乾燥を好みますので、水はけの良い土地を選びましょう。窒素は抑えめにしたほうがツルぼけを防ぐことが出来ます。
2013/02/21 10:36:21 | 野菜の育て方
枝豆も夏にほしい作物ですね〜。ところで、見かけが大豆にそっくりですよね。実はもともと大豆を品種改良したものなんです。ですから種はほぼ白大豆です。もしも収穫を見落としてしまった場合でも大豆として食べることが出来ます。いずれにせよ、豆類は、動脈硬化や心臓病、糖尿病などに効果があると言われており、究極の健康食ですから、ぜひ家庭菜園でも作りたいですね。トロ箱でも作れるので、ベランダでも栽培OKです。栽培の仕方は、大豆に準じます。あまりに肥沃で、雑草が生い茂る畑だと、雑草に負けてしまう場合もありますので、特に窒素過多に注意が必要です。基本的には、移植栽培が良いのですが、わざわざ苗床用の畑を用意するよりも...
2013/02/14 10:33:14 | 野菜の育て方
インゲンやエンドウ豆のようなさや豆類は、スイートコーン同様、家庭菜園では春先の比較的早い時期に作付けをする作物です。栽培の仕方も簡単です。まさに家庭菜園向きといえるかもしれません。初夏から霜が降りる頃まで楽しめます。種類も豊富で、大型の物から小ぶりの物までさまざまです。このインゲンをからからになるまで枝に放置しておくと、幾何学模様のちょっとしゃれた模様ができます。これが花豆といわれるものです。あの緑色の豆からなぜ?こういう物が出来るのか不思議ですが、神様のなせる技ですね。直まきでもポット植えでもどちらでもできますが、ポット植えですと、移植がある分定植が遅れます。少しでも長く楽しめるためにも、直...
2013/02/07 10:30:07 | 野菜の育て方
タマネギは、料理の応用範囲が広く、和洋中何にでも利用できるのでぜひ家庭菜園でもほしいですね。またそのままでも凍らせない限りは保存もきくので越冬野菜としても便利です。保存の仕方は色々あります。たとえば、細切りにしてキツネ色になるまで炒めてから冷凍して置くことも出来ます。料理に即席で使えます。タマネギはどうしても低温に弱くて、凍るとしみて(腐って)しまうので、特に寒い地域で保存する場合は良い方法です。栽培の仕方も、小麦と一緒で春型と冬型とあります。春に植え付ける場合と冬に植え付けて越冬する場合とでの収穫時の玉の育ち具合は、少なくとも東日本の場合なら冬型の方が断然大きいです。ただし、冬前の管理をしっ...
2013/01/17 10:25:17 | 野菜の育て方
ブロッコリーやカリフラワーなどは、家庭菜園で出来る野菜の一つで、花野菜とよばれる種類に属しています。やはりキャベツ同様冷涼を好むので、秋に作付けをします。秋の方がいいというのは、気温だけの問題ではなく害虫がつき安いと言うこともあります。それだけ甘くておいしいと言うことなのでしょうが。あの果実の形態上、虫が花々の奥にまで入り込んでしまうので、同じ家庭菜園の野菜の中でも、完全な防虫、排除をしたいと思ったら、有一農薬を使わないと困難な野菜なのです。ちなみに、農薬は播種してから出荷されるまでの3ヶ月間に、一般的にどれくらい使用されるか知っていますか?通常は20〜30回です。低農薬と言った場合で10〜1...
2013/01/10 10:23:10 | 野菜の育て方
夏祭りの縁日に、トウモロコシを焼く香ばしさはおなじみの風物詩ですね。また焼きトウモロコシを食べながら花火を見上げた思い出がなつかしく思い出されます。なんといても、もぎたてのトウモロコシは塩ゆでが一番です。腹が空いたときなどはちょっとした軽食になりますから。おいしいというばかりではありません。栄養成分を見ても、体に良い物がたくさん含まれています。特に動脈硬化・心臓病・胃炎など、今はやりのメタボ対策にもぴったりです。実だけではなく、頭についている毛を乾燥させてコップ2杯の水で煮詰めた物を1日3回に分けて飲んだだけで、糖尿病・腎臓病・利尿効果があるという、捨てるところなしの実は万能薬なんです。こう聞...
2013/01/03 10:21:03 | 野菜の育て方
ピーマンはナスと同じ、夏を代表する果菜類です。肥料設計も含めて、家庭菜園での栽培の仕方はナスとほぼ同じです。夏場の暑い時期に一斉に多量の実を着けるので、ぜひ料理の仕方を研究してください。ピーマンは比較的霜にも強くかなり長い期間楽しめます。ビタミンも豊富なので、夏バテ防止に家庭菜園でもぜひほしい作物の一つですね。ナスはアブラムシが付きやすく、それで葉が枯れたりなどの苦労がありますが、ピーマンは虫には少々辛すぎるのか、さほど害虫で苦労するということはないです。そういう意味で、家庭菜園でも比較的育てやすいと言えます。ピーマンと言えば肉詰めを思い出しますが、シラスと併せて塩炒めにしたり、甘醤油でことこ...
2012/12/27 10:28:27 | 野菜の育て方
ほうれん草もそうですが、一般的に青菜と呼ばれる菜っ葉は、気候に関係なく1年中室内でも野外でも家庭菜園で栽培できて、しかも栄養価も高い、大変ありがたい作物ですね。特に雪深い山里では、秋にわざと大量に作付けして雪の下で越冬させます。春に雪を掘ったら、その下から色鮮やかな青菜がちゃんと生きていて食卓に色を添えてくれます。ポットでも栽培は可能なので、ぜひあなたの家庭菜園でも作ってみてください。気をつけてほしいのは、ほうれん草はシュウ酸がかなりきついのが特徴でして、まさか生で食べる人は滅多にいないと思いますが、たとえ味噌汁に入れるにしても、事前に湯がいてシュウ酸を取り除いてから使いましょう。特に動物や家...
2012/12/20 10:17:20 | 野菜の育て方
かつてトマトコーナーでも書かせてもらいましたが、ミニトマトは手間がかからず栽培方法も簡単なので、誰でもできます。場所も取らないのでプランターでの家庭菜園で十分です。むしろプランターのための作物だと言っても過言ではありません。しかもおいしくてジューシーです。家庭菜園デビューはぜひミニトマトで飾ってください。肥料は、トマトコーナーでも書きました。再度おさらいしrみましょう。1堆肥 鉋屑や青草などの自然農法で。10kg〜20kg2高級粒状 2kg3リン酸粒状 2kg4流酸カリ 80g5苦土石灰 300gトマトは、吸肥力抜群で、ツルぼけしやすいので、化学肥料などの速効性のある肥料には向きません。そうう...
2012/12/13 10:15:13 | 野菜の育て方
レタスはサラダには欠かすことの出来ない名脇役ですね。見かけによらず以外と栄養価も高い野菜なんです。カロリー......100gあたり12kcal食物繊維......100gあたり1.1gカリウム......200mgビタミンB群......B1 0.05mg、B2 0.03mg備考......ビタミンA、C、Eや鉄分、カルシウムも豊富です。ぜひ家庭菜園でも取りれてほしい野菜です。ただ、キャベツや白菜同様に、冷涼を好むので、春播き・夏収穫はかなり難しいですねえ。何度か我が家庭菜園でも春播きを試みましたが、なにせ高冷地なので雪解けも遅く、どうしても植え付けが5月下旬にはいってしまうのです。
2012/12/06 10:13:06 | 野菜の育て方
白菜もまたこれからの季節に、家庭菜園に無くてはならない野菜ですよね〜。鍋に漬け物、サラダ、おひたし、中華いため、餃子にも水気をぎゅっと絞って入れたら、うまいんだな〜これが・・。栽培の仕方は至って簡単なので、ぜひあなたの家庭菜園でも作ってみてください。春巻き、夏蒔きとありますので、両方載せておきます。春巻きの場合は、食べられるようになるのは初夏あたりになります。キャベツ同様乾燥に弱いのと、やはり冷涼を好む作物なので、夏場は短期間で食べきる位の感覚で。むしろ、メーンは夏蒔きの冬野菜での利用を考えた方がいいでしょう。春蒔き・夏収穫。肥料3.3uあたり1堆肥 あまり窒素がきつくない物 5kg〜15kg...
2012/11/29 10:12:29 | 野菜の育て方
キャベツは根菜類や芋類や漬け物同様、越冬野菜として、家庭菜園の中でも重要な担い手です。自給自足で暮らしている人や田舎暮らしで家庭菜園をすでに実践している人は、今ちょうど冬に備えて収穫に追われている最中です。さらに春先まだ食料が乏しい時期にもきゃべつがあれば重宝します。サラダにも使えるし、鍋にも白菜の代用品で使ってみたりなど洋風にも和風にも使えるので、これから田舎暮らしをしながら家庭菜園をしようと計画中の人にぜひ栽培の方法を覚えてほしい野菜の一つです。キャベツはどちらかと言えば冷涼な地域で育つ冬の作物なのですが、品種改良されて夏でも収穫出来きるものもかなりでまわるようになりました。グリンボール系...
2012/11/22 10:10:22 | 野菜の育て方
キュウリは家庭菜園のなかでも夏の定番ですね〜。もぎたてのキュウリに味噌を付けて食べたらそれはおいしくて、とてもスーパーの安いキュウリが食べられなくなります。ほんのり甘いキュウリを是非家庭菜園でも栽培してみてください。きゅうりは、肥料濃度傷害を引き起こしやすい作物です。窒素は多い方がいいんですが、最初にいっぺんに大量に施しすぎたり、少なすぎても、うどんこ病が発生してだめになります。また葉が密集過ぎて蒸れてしまっても、うどんこ病を発生しやすくしますので、管理作業も丁寧にしましょう。そういう意味では手間がかかる作物です。肥料計算3.3uあたり1堆肥 (窒素の濃い物)15〜20kg2鶏糞粒状 2kg3...
2012/11/15 10:06:15 | 野菜の育て方
人参らしい人参が無くなった、味も素っ気もない人参しか売ってない。よく聞く言葉ですね。確かにスーパーで売っている人参は無味無臭で色だけ、形の美しさだけの物がほとんどです。あれは農薬を大量に使った結果です。自然農法で作った人参は甘みと独特の香りが残っています。さに家庭菜園は、栄養とおいしさの宝庫ですね。スーパーで最近よく見かけるプチ人参は、大根の時と一緒で、途中の間引きの過程でできます。特に人参を家庭菜園で栽培する場合は、間引きを丁寧にする事が上手に育てるポイントになってきます。肥料計算3.3uあたり1堆肥 10kg〜20kg2鶏糞粒状 1.5Kg3高級粒状 2kg4リン酸粒状1.5Kg5硫酸カリ...
2012/11/08 10:00:08 | 野菜の育て方
お正月のお煮染めには欠かせない里芋、ぜひ家庭菜園でも作ってみたいですね。実は里芋は保存があまりききません。また低温に弱いので、寒冷地で栽培してお正月まで持たせたいなら、暖かい部屋の中でしっかり温度管理をする必要があります。里芋は芋と名がついてもにんじんや大根と同じ根菜類です。保存する場合は新聞紙にくるむか、籾殻をいっぱい詰め込んだトロ箱などに密閉して保存してください。肥料3.3uあたり1酵素堆肥 10kg〜20kg2高級粒状 2kg3リン酸粒状 2kg4鶏糞粒状 2kg5流酸カリ 200g 75センチ幅の畝に肥料を散布し耕起します。15センチ程度の高畝にし地温と雑草対策も兼ねて黒マルチをはり、...
2012/11/01 10:59:01 | 野菜の育て方
夏休みにおばあちゃんの畑で芋掘り体験した経験ありますか?みんなでワイワイギャーピー騒ぎながら、土だらけになりながら、戦利品を誇らしげにぶら下げて帰る子供達の面々・・・。楽しい真夏の思い出です。ぜひ家庭菜園でも味わってください。サツマイモはさほど肥料はいりません。ただ、やはり地温、気温、ふかふかの土と太陽の光は必要ですし、以外と雑草にも弱いので、夏場の草取りは丁寧にして下さい。道具としてはスコップがあれば便利です。肥料3.3uあたり1稲藁、麦わら、草、落葉などをそのまま。10kg2リン酸粒状 500g3硫酸カリ 80g4苦土石灰 200gおわかりですか?馬鈴薯には、窒素は必要ありません。むしろツ...
2012/10/31 10:56:31 | 野菜の育て方
ジャガイモは料理の応用範囲が広く保存も利き、あれば何かと重宝な作物ですよね。家庭菜園での作り方も比較簡単ですので、収穫後の管理をきちんとしておけば、家庭菜園でも長く楽しめる野菜ではあります。種類も豊富で、男爵やメークインなどのよく知られたものから、ポテトチップスの原料になる黄色種、より原種に近い物までさまざま。味の良さではなんといっても男爵は王様の貫禄はありますが、難点は病気に弱いことです。味は若干落ちるかも知れませんが、黄色種や原種に近い物の方が、家庭菜園での育苗や管理面、コスト面でも有利です。芋の種類によって春蒔き、秋蒔きと分かれます。西側の比較的温暖な地方は秋蒔きが多いようですが、関東以...
2012/10/30 10:53:30 | 野菜の育て方
カボチャは私が知る限りは、作物の中では最も育てやすくまた生命力にあふれた野菜です。雪深い奥地の村では、雪が降る前にカボチャを食べると、その冬を無事に乗り切れると信じられていて、晩秋に食す習慣が昔からありました。長野の北の村では今でもこの習慣が残っていて、その頃になるとカボチャの大安売りが始まるくらいです。堆肥に捨てられていた残飯の中からカボチャの種が育ち、予想もつかないところで大きな実を発見して苦笑してしまうことがしばしば。そのせいか、我が家で愛用していた「家庭菜園12ヶ月〜無農薬栽培による家庭菜園〜」(島本邦彦著:愛善みずほ会出版)のなかにかぼちゃの項目が乗っていません。かといって、完全な無...
2012/10/29 10:54:29 | 野菜の育て方
スイカと言えば夏の風物詩に出てくるほど"夏ー!!"といった作物ですよね〜。子供達も大喜びです。ぜひちんちん照りのお日様の下で、しかも家庭菜園で収穫したすいかを食べたいものです。これも家庭菜園定番の作物です。実際のところ、かなり地温気温共に高めでないといけません。苗からある程度育つまでは、虫がついて葉を食べ荒らしますので、防虫ネットをかけておくといいでしょう。そうそう、実が付いたら、カラスに狙われますので、その対策も、そろそろ食べ頃に大きくなってきたな・・・と思っていると、大きな穴が開いていて、中身食われている、そんなことがよくありました。これはとっても悔しいので、スイカ全体をネットで覆うか、身...
2012/10/28 10:50:28 | 野菜の育て方
比較的簡単に家庭菜園でも栽培できる作物としてはおすすめの野菜ですね。しかも予想以上に収穫時期も長くて、霜が降りる頃まで楽しめます。特に最盛期には大量に取れるので、是非料理方法を工夫してみてください。家庭菜園の定番野菜です。早速肥料計算に入りましょうか。一坪あたり(3.3u) 1堆肥 10kg〜20kg 2鶏糞粒状(鶏糞発酵肥料) 4kg 3高級粒状 2kg 4リン酸粒状 2kg 5硫酸カリ 100g 6苦土石灰 300gこの成分割り当てを見てもわかるように、ナスは非常に窒素が必要です。
2012/10/27 10:43:27 | 野菜の育て方
夏といえばなんたってスイカ、そしてトマトですよね。特に真っ赤に熟した取れたてのトマトはとてもジューシーで甘酸っぱくてのどごし麗しく、夏バテも吹き飛んでしまいそうです。ぜひこのおいしいトマトを自家の家庭菜園で作ってみたいですよね。ただ、がっかりさせるようで申し訳ないのですが、数ある野菜の中で、一番手間がかかって管理が難しいのがトマトなのです。けっして高度な技術が必要というのではないのですが、おいしいトマトを作るには、こまごましたことを丁寧にやるのが好きな人やある程度まとまった時間がとれる人の方が向いています。そういわれるとなおさら作ってみたいと言う人は、ぜひ挑戦してみてください。そうでない人も味...
2012/10/25 10:05:25 | 野菜の育て方
大根と言えば大根おろし、一番シンプルに大根のみずみずしさを味わえるので大好きです。シラスと混ぜてほかほかのご飯に載せて食べたら最高ですよね。これからはおでんもいいですよね。級友を集めて熱燗と一緒におでんパーティーなんていいかも。ぜひ家庭菜園でも作りたい一品です。最近はプチ野菜なるミニにんじんとかミニ大根などもスーパーで売られるようになりました。大根がプランターでも作れるなんて最高ですよね。大根の種類は幅広く、目的に応じていろいろ選べるんですが、大きく分けると、早生、中早生、晩生、漬物用の4種類に分けることが出来ます。早生は20日くらいで収穫できる物で、小ぶりです。辛大根など、張り張り漬けなどに...
2012/10/18 10:03:18 | 野菜の育て方
種苗屋さんや農協では、季節ごとの野菜苗を販売します。それらは各地の農場試験場や契約農場で育苗されたものが売られているわけですが、個人で育苗から手がけることは、けっして難しいことではありません。むしろ、自分が住んでいる地区の環境にあわせて自分の家庭菜園で作付けした方がよっぽど丈夫に育つってこともあるのです。またそうやって手塩かけて育てた野菜は何よりも愛おしく、大事に食べようとも思うし、食べられることのありがたさも身にしみて感じるようになります。ぜひ自分の家庭菜園でも育苗をしてみてください。まず、始めに作付け計画を立てます。今年何を栽培したいか、いつごろ、どういった作業をスタートしたら良いか。